06月23日 (金)

【学校長ブログ】芸術鑑賞会 歌舞伎十八番の内「毛抜」

本校では、生徒の情操教育の一環として毎年「芸術鑑賞会」を行っております。
本物に触れることにより、生徒の豊かな感性や人間性、知性(教養)がより一層磨かれることを願い、三年間を一つのサイクルとして、さまざまなジャンルの中から鑑賞会を企画、実施しております。
ちなみにこの三年間では、一年目はゴスペル音楽に親しみ、ソウルフルで美しいハーモニーを堪能しました。二年目は和太鼓の世界に触れ、体の芯まで響く迫力ある大太鼓の演奏にしびれました。

三年目の今年度は、6月20日、国立劇場にて、古典芸能である歌舞伎鑑賞会を開催しました。
歌舞伎の表現について学びながら、四百年の歴史を持つ伝統芸能の奥深い世界の魅力に引き込まれてまいりました。
“本物”に触れることにより、磨かれるものは人それぞれですが、素敵な時間を過ごすことができました。
来年度は何が鑑賞できるか今から楽しみです。

pagetop