学校長ブログ

 ちょっとの勇気で、「魔法の力」になるもの、なあに?
  
  
  
 それは「あいさつ」(の言葉)です。
  
  
  
 そうだよね。「挨拶は時の氏神」っというものね。
  
 いや、それは違うよ。そこでいう「挨拶」は簡単にいうと「仲裁のこと」なんだ。
  
 そうなんだ。では、どうしてちょっとの勇気で、「魔法の力」になるものが「あいさつ」なの。
  
 実は、こんな歌があるんだよ。抜粋してみよう。
  
 
  
 確かに、家庭でも学校でも朝、「おはよう」って声かけられると「いい気分」になるよね。
  
  
 都内の小学校では、「あいさつ」をモチーフにした音楽劇を通じて心と心のふれ合いの大切さを伝えているようです。
  
  
 さて、本日のブログは、ここからが本論? になるんです。
  
  
  
 日々、問いかけ続けています、鍛え続けています、「こころ」のありようを!
  
  
  
 日々、「問い続け鍛え続けている『こころ』のありよう」とは、
本校における教室での朝礼の風景のことなんです。
  
  
  
 教室での朝礼は、「黙想」→「挨拶」→「倫理カレンダー」と流れていきます。
 例えば、先月25日の「倫理カレンダー」は、
  
挨拶は人を尊重する心の表現
  
という言葉です。
 「問い続け鍛え続ける」言葉を、日替わりで唱和しています。
 
  
   
 あるクラスでは、2人の生徒が黒板の前に立ち、その日の言葉を詠います。間髪を入れず、全生徒が続けて詠います。
  
  
  
 教室の「朝礼」というわずかな時間の中でも、伝統に寄り添いつつ「生徒の主体性を育む教育」が実践されていることに、改めて貞静学園の教育の深みを感じました。
  
「え、どうして今、そんなことを記事にするか」って?
先日、担任代行をしたんです。
  
…みんなで登山

 本校の2学期の中間試験は、昨日から始まっています。高校が27日(土)まで、中学は1日少なくなっています。

 

 定期考査2週間前頃からいつもの風景に拍車がかかります。
 考査を間近に控え、生徒は教室以外でも試験勉強をしています。例えば、それぞれ職員室前や「満紀記念ホール」へ向かう廊下にテーブルを置いてあるのですが、朝も昼も、そして放課後も満席状態です。生徒の質問に答えている先生方も何人もいます。S-naviという学習支援ルームがあるのですが、ここも同様です。
貞静学園では、この風景を「生徒」と「先生」が近い風景として歓迎している風景なのです。

 

 あなたもこの風景の一人になってみませんか。

 
 
 皆さん、こんな法則があることをご存知でしたか?
 「1.01の法則」(1.01の365乗は約37.8)!
 
 ネットで話題になっていることを知り、検索してみました。
 この法則は「塵も積もれば山となる」という諺に近い意味を持っているように思います。「小さなことやわずかなこと」、つまり「少しの努力」・「わずかな背伸び」・「ちょっとした挑戦」でも、長い間の積み重ねによって大きな力となるということです。

 「少しの努力」・「わずかな背伸び」・「ちょっとした挑戦」を「1.01(+0.01%)」と数字で示し、「長い間の積み重ね」を「365乗(365日)」で、「大きな力となる」ことを「37.8」で示している訳です。これらの数字は、目に見えないものを視覚化し、成果の大きさにインパクトを与えていますね。

 
 

 つい最近、そんな言葉があるの? と驚いた言葉がありました。それは「無形資産」!
『LIFE SHIFT』(東洋経済)によれば、以下の通りです。
 

 
 著者は「人生がマルチステージ化する」と考えており、「人生100年時代」を生きる上で、蓄えるべき資産として指摘しておりました。「生徒たちは未来からの留学生だ」と表現する方もいらっしゃいます。その留学生に、私たちは今、どんな資産の必要性を説くべきなのでしょうか?

 

 「生産性資産」を蓄えている生徒の皆さんの今は、「時間の質」が高いのではないかと思っています。
…みんなで登山

 「JK」って何の略かご存知ですか? 「女子高生」の略語です。
 
 私ですか? 私は、先日、ある記事を読んでいてそのことを初めて知りました。
 
 
 さて、今回は「RJK」ってなに?
 
 ホットな話題なので「RJK」が何の略か知っている方は少ないか、あるいはいないと思っていました。ところが、ある教員に問いかけてみると「立教・上智・慶応」ですかと返答がありました。皆さん、情報化社会にあって、アンテナを張っているなあと改めて思いました。うかうかしていられないぞとも。
 
 この4月に立教大学総長に就任された郭(かく)洋春(やんちゅん)教授が、「脱MARCH」を宣言して掲げたのが「RJK」なんです。近い将来、JKが「RJKを目指して頑張ります」なんて担任と進路相談する風景が見られるのかもしれませんね。
 
 総長は、変化の激しい時代にあって、改革はドラスティックでなければならないと考えているそうで、「RJK」もその一端なのかもしれません。
 
 これからの生徒たちは「人生100年時代」を生きるといわれています。その生徒たちの「仕事期間」と「中心となる社会」を図示すると以下のようになるでしょうか。
 

 
 立教大学総長は「ワトソン」や「aibo」を使える人を育てるとおっしゃっているようですが、「ワトソン」は使わないにしても、既に「aibo」を使っている方もいます。これからの生徒たちは「超スマート社会(society5.0)」を生きるだろうと思うと、「改革はドラスティック」でなければならない?
…みんなで登山

 「GRIT(グリット)」って、ご記憶にありますか? 
 今回は、ある担任の一言も添えながら生徒のその体験を2週連続で紹介します。
 
 ところで、皆さん、「学級日誌」はどんな役割を持っていると思いますか。
 生徒がクラスの一日を報告するためのものですね。でも、生徒と先生のコミュニケーションの場でもありますよね?
 
  
 まず、ある担任のコメントから。
 
********************
 
 勉強以外から得た経験がそのヒトを大きく成長させることもあります。だからこそ、「学校生活=勉強」にはしてほしくない。
 
********************
    
 次に、あるクラスの「学級日誌」より。
 
********************
 
 中学の時、習っていたダンス。チームで日本一を目指していました。日本一レベルのコンテストの決勝では、6位などの結果でした。毎日毎日終電まで練習したのでチームの絆やダンスのスキルを得ることができました。それを生かし他のコンテストではたくさん優勝することができました。Wさん
 
********************
 
 中学の部活。毎日、人数が多かったけど後輩との関係とか人間関係でいろいろあったけど3年間で工夫してやり抜いてきたり、遅くまでやったり、休みに集まって練習したりして勝つこともできた。Yさん
 
********************
 
 小学6年のときにあった音楽会。小1の頃からずっとやりたかった楽器があり、小6になってオーディションがあった。そのオーディションに合格するために毎休み時間音楽室に行ってずっと練習していた。結果、合格することができ、5年間願っていた夢をかなえられた。Yさん
 
********************
 
 中学の時の生徒会活動。中学の3年間、生徒会の副会長として頑張ってきた。生徒会長が休んでしまった時に代わりに仕事することが多くて、正直めんどくさいと思っていたけれど、生徒会としての全ての役目を終えたときに、責任感と仲間と過ごせることの大切さに気づかされた。Yさん
 
********************
 
 最後に、ある担任のコメントを。
 
********************
 
 副会長としての経験を学校生活で活かして下さい。副会長って最もコミュニケーション力が必要とされる職だと思いますよ……。
 
********************
 
 貞静学園には、たくさんの「GRIT(グリット)」体験をもつ生徒が通っています。更にそれを鍛えようとする教員もいますよ。
…みんなで登山

 これから3人の生徒のコメントを紹介します。
 あなたは3人のコメントのどんなところに共通点を読み取りますか。
 
 
 まず、生徒会長のお礼の言葉です。
 
********************
   
 無事、平成30年度ひなづる祭が終わりました。今年のひなづる祭のテーマである「華」。去年よりも大成功したと感じています。
 しかし、全体としては成功しましたが、生徒会長としてまだまだ出来なかったことが多いひなづる祭でもありました。生徒会役員のシフトの調整ミス等、徹底できていなかった部分が多くありました。
 そのような中で、全体としてひなづる祭が成功できたのは先生方のご協力や一般生徒の努力があったからです。
 来年度のひなづる祭を生徒会長として担当することは出来ませんが、しっかりと1年生に引き継ぎをし、今度は一般生徒として頑張っていきたいと思っています。
 最後になりますが、平成30年度ひなづる祭にお越しくださり本当にありがとうございました。
 
********************
 
 ※去る、9月22日(土)・23日(日)の両日、貞静学園の文化祭「ひなづる祭」を開催いたしました。2日間の来場者数は、2.174名でした。生徒たちの日頃の学習の成果をたくさんの方にご覧いただき、誠にありがとうございます。
 
 次に、学級日誌からの生徒のコメントです。
 
********************
 
 中学校の部活を2年半続けたこと。入学(入部)当初は体力が全然なくて、体育でやる1000m走も4分36秒だった。先生や先輩や友達にお世話になりながら練習していたら2年生になる頃に3分台になって目に見えて結果がついてきたので嬉しかった。
 
********************
 
 私は、2018年度ひなづる祭の文化祭実行委員をつとめました。普段、人前にたつことがない私は、文実で皆をまとめられるように努力しました。作業を進めていく上で、人前にたつ人のあるべき姿というものを学びました。皆の力量を把握し、指示を的確に出す能力を文実の経験から得ることが出来ました。
 
*文実…文化祭実行委員
 
********************
 
 ※「学びに向かう力」を養成する目的で、生徒に「学級日誌テーマ」を課し、コメントを書かせております。10月からのテーマは「あなたの『やり抜いた経験』はどんなことですか? そこで得たものは何ですか?」というものです。
 (私は全クラスの学級日誌を、原則、退勤前に読んでいます。研修日などの翌朝は、前日の学級日誌を始業前に返却するために時間に追われながら読みます。)
 
 
 皆さんは、「GRIT(グリット)」という言葉を聞いたことはありますか? ペンシルバニア大学のアンジェラ・ダックワース教授が提唱しているもので、情熱をもって、繰り返しますが、「情熱をもって粘り強く継続してやり抜く力」を言います。成功者になるか否かは、才能もさることながら、「情熱をもってやり抜く力」(GRIT)の有無によるというのです。
  
 私は、3人のコメントにGRITを読み取ったのですが、皆さんはいかがでしたか。
…みんなで登山

pagetop