学校長ブログ

 現在、スポーツ・ジャーナリストとして活躍している増田明美さんのインタビュー記事が『PHP 12』に掲載されていました。タイトルは、「『言葉の力』で不安は消える」。
 
 
 
 「いい言葉」として次の言葉を挙げていました。
 
 「知・好・楽」?
 
 
 
 これは論語の言葉で「知っているだけの人は好きでやっている人にはかなわない。好きでやっている人も楽しんでやっている人にはかなわない。」という意味。
 
 
 
 更に、
 
 「失意泰然得意淡然しついたいぜんとくいたんぜん」?
 
 
 
 これは「物事がうまくいかないときはあせらず、落ち着いてチャンスを待ち、うまくいっているときはおごらず、つつましい態度でいるべきだ」ということ。
 
 
 
 増田さんによれば、どういう意味で「いい言葉」なのかというと、自分を支えてくれた言葉だということです。
 
 
 
 あなたは自分を支える言葉をお持ちですか?
 
 
 
 先日、高校3年生のあるクラスの「学級日誌」に受験に向け自分を鼓舞する言葉が書かれていました。どんな言葉がその生徒を支える言葉になるのか?  しばし考え、マザーテレサの言葉を引用することにしました。
 
 
   神様は私たちに、
 
   成功してほしいなんて思っていません。
 
   ただ、挑戦することを望んでいるだけよ。  
  
 
 山を登り切れば、登った人だけが見ることのできる風景があるぞ!
…みんなで登山

 「東方浄瑠璃浄土薬師瑠璃光如来」。
 
 
 
 これって、通称、何と呼ばれている仏さま? 「医王如来」とも呼ばれるそうですよ。
 
 
 
 そうですね。
 冒頭の14の漢字で表される仏さまは、私たちの身と心の病気を救ってくださる「薬師如来」の本名ということですね。
 
 実は、10月31日(水)から二泊三日で、中学3年生の修学旅行の引率で、「京都・奈良」へ行ってきました。「薬師寺」(奈良)での法話で取り上げられた話題の一つでした。
 
 
 
 「薬師如来の右が日光菩薩、左が月光菩薩。この2つの菩薩は、いわば看護婦だ。まだ人間味を残しているから多少の飾り物を身につけているんだ」
 
 このことも印象深かったお話でした。
 
 
 
 更に続けると、
 
 「塔はみな、お墓である。誰のお墓か?」
 
 「仏陀」
 
 「『仏陀』はお坊さんの総称だぞ」
 
 「釈迦!」
 
 「うん、あってるんだけど、呼び捨てやめよ。
 上から目線はやめよ。
 敬意を払って呼ぼうな。『お釈迦様』。
 インドにあるお釈迦様のお墓、ストゥーパーと呼ぶんだぞ」
 
 (写真は「八坂の塔」)

 
 
 最後にもう一つ。
 
 「俺の話が面白いかどうかは君たち次第だぞ」
 
 「俺のせいにするな」
 
 「面白いと思うかつまんないと思うかは自分で勝手に判断しているだけ」
 
 「今の子どもはそれをみんな人のせいにするよな」
 
 「勉強、考えてみな」
 
 「数学だって英語だって、やっていて面白いなと思って聞いていたりつまんないと思って聞いていたりするだろ」
 
 「たいがい、面白いと思って聞いている生徒は点数が良いんだよな。つまんないと思って聞いている生徒が点数、悪い。だいたいそうだろう」
 
 「でも、人のせいにするだろう。先生が悪いだとか教え方が悪いだとかな」
 
 「なぜ、人のせいにするんだ。それは楽だから」
 
 「仏教では奇跡ということはないんだぞ。結果に対しては必ず原因というものがあるんだぞ」
 
 
 
 
…みんなで登山

 ちょっとの勇気で、「魔法の力」になるもの、なあに?
  
  
  
 それは「あいさつ」(の言葉)です。
  
  
  
 そうだよね。「挨拶は時の氏神」っというものね。
  
 いや、それは違うよ。そこでいう「挨拶」は簡単にいうと「仲裁のこと」なんだ。
  
 そうなんだ。では、どうしてちょっとの勇気で、「魔法の力」になるものが「あいさつ」なの。
  
 実は、こんな歌があるんだよ。抜粋してみよう。
  
 
  
 確かに、家庭でも学校でも朝、「おはよう」って声かけられると「いい気分」になるよね。
  
  
 都内の小学校では、「あいさつ」をモチーフにした音楽劇を通じて心と心のふれ合いの大切さを伝えているようです。
  
  
 さて、本日のブログは、ここからが本論? になるんです。
  
  
  
 日々、問いかけ続けています、鍛え続けています、「こころ」のありようを!
  
  
  
 日々、「問い続け鍛え続けている『こころ』のありよう」とは、
本校における教室での朝礼の風景のことなんです。
  
  
  
 教室での朝礼は、「黙想」→「挨拶」→「倫理カレンダー」と流れていきます。
 例えば、先月25日の「倫理カレンダー」は、
  
挨拶は人を尊重する心の表現
  
という言葉です。
 「問い続け鍛え続ける」言葉を、日替わりで唱和しています。
 
  
   
 あるクラスでは、2人の生徒が黒板の前に立ち、その日の言葉を詠います。間髪を入れず、全生徒が続けて詠います。
  
  
  
 教室の「朝礼」というわずかな時間の中でも、伝統に寄り添いつつ「生徒の主体性を育む教育」が実践されていることに、改めて貞静学園の教育の深みを感じました。
  
「え、どうして今、そんなことを記事にするか」って?
先日、担任代行をしたんです。
  
…みんなで登山

 本校の2学期の中間試験は、昨日から始まっています。高校が27日(土)まで、中学は1日少なくなっています。

 

 定期考査2週間前頃からいつもの風景に拍車がかかります。
 考査を間近に控え、生徒は教室以外でも試験勉強をしています。例えば、それぞれ職員室前や「満紀記念ホール」へ向かう廊下にテーブルを置いてあるのですが、朝も昼も、そして放課後も満席状態です。生徒の質問に答えている先生方も何人もいます。S-naviという学習支援ルームがあるのですが、ここも同様です。
貞静学園では、この風景を「生徒」と「先生」が近い風景として歓迎している風景なのです。

 

 あなたもこの風景の一人になってみませんか。

 
 
 皆さん、こんな法則があることをご存知でしたか?
 「1.01の法則」(1.01の365乗は約37.8)!
 
 ネットで話題になっていることを知り、検索してみました。
 この法則は「塵も積もれば山となる」という諺に近い意味を持っているように思います。「小さなことやわずかなこと」、つまり「少しの努力」・「わずかな背伸び」・「ちょっとした挑戦」でも、長い間の積み重ねによって大きな力となるということです。

 「少しの努力」・「わずかな背伸び」・「ちょっとした挑戦」を「1.01(+0.01%)」と数字で示し、「長い間の積み重ね」を「365乗(365日)」で、「大きな力となる」ことを「37.8」で示している訳です。これらの数字は、目に見えないものを視覚化し、成果の大きさにインパクトを与えていますね。

 
 

 つい最近、そんな言葉があるの? と驚いた言葉がありました。それは「無形資産」!
『LIFE SHIFT』(東洋経済)によれば、以下の通りです。
 

 
 著者は「人生がマルチステージ化する」と考えており、「人生100年時代」を生きる上で、蓄えるべき資産として指摘しておりました。「生徒たちは未来からの留学生だ」と表現する方もいらっしゃいます。その留学生に、私たちは今、どんな資産の必要性を説くべきなのでしょうか?

 

 「生産性資産」を蓄えている生徒の皆さんの今は、「時間の質」が高いのではないかと思っています。
…みんなで登山

 「JK」って何の略かご存知ですか? 「女子高生」の略語です。
 
 私ですか? 私は、先日、ある記事を読んでいてそのことを初めて知りました。
 
 
 さて、今回は「RJK」ってなに?
 
 ホットな話題なので「RJK」が何の略か知っている方は少ないか、あるいはいないと思っていました。ところが、ある教員に問いかけてみると「立教・上智・慶応」ですかと返答がありました。皆さん、情報化社会にあって、アンテナを張っているなあと改めて思いました。うかうかしていられないぞとも。
 
 この4月に立教大学総長に就任された郭(かく)洋春(やんちゅん)教授が、「脱MARCH」を宣言して掲げたのが「RJK」なんです。近い将来、JKが「RJKを目指して頑張ります」なんて担任と進路相談する風景が見られるのかもしれませんね。
 
 総長は、変化の激しい時代にあって、改革はドラスティックでなければならないと考えているそうで、「RJK」もその一端なのかもしれません。
 
 これからの生徒たちは「人生100年時代」を生きるといわれています。その生徒たちの「仕事期間」と「中心となる社会」を図示すると以下のようになるでしょうか。
 

 
 立教大学総長は「ワトソン」や「aibo」を使える人を育てるとおっしゃっているようですが、「ワトソン」は使わないにしても、既に「aibo」を使っている方もいます。これからの生徒たちは「超スマート社会(society5.0)」を生きるだろうと思うと、「改革はドラスティック」でなければならない?
…みんなで登山

pagetop