05月24日 (木)

【校長ブログ】創立記念日

この時期の旬の食べ物に「新じゃが」があります。
皆さん、モリモリと食べていますか。
新たな生命力を取り込み更に元気になっていますか。
 
ところで、5月17日の誕生花が「ジャガイモ」であることをご存じでしたか。
私ですか、ブログを書くために色々と調べていて、それで知りました。
 
5月17日が貞静学園の創立記念日です。
 
今年は貞静学園創立88年に当たります。
この5月17日はまた、貞静学園の創立者高橋マキ先生のお誕生日でもあります。
マキ先生は、現在の群馬県前橋市に、明治18年5月17日にお生まれになりました。
 
マキ先生は、現在の群馬大学を卒業後、更にお茶の水女子大学で国語と体育を専攻されました。
教師生活を続ける中で、西欧の教育視察をしたいと大正14年、40歳で渡欧します。
45歳の時に、次代を担う子どもたちを育てる女性の育成を教育理念として、この地に貞静学園を創設されました。
 
当時の時代背景を思えば、貞静学園の創設には並々ならぬ決意をお持ちになったのではないかと思います。
 
 
「朝清掃で気持ちの良い朝を」M・K(女子生徒)
 
私が朝清掃する上で思っていることは、門の回りや玄関を清掃してキレイにすることによって、
気持ちまでキレイになり一日の始まりを気持ちよくスタートできることです。
そうすることにより、朝登校した生徒が掃除されたキレイな玄関に迎えられて、とても気持ちが良いと思います。
この朝清掃は、各クラスで当番制になっていて、必ず全員に回ってきます。
貞静学園の伝統的な取り組みです。

 
 
「朝清掃について」K・S(男子生徒)
 
当初はなんでやらないといけないのか、面倒くさいなと思っていました。
二年三年と進級していくにつれて、自分の人生に「為になることなのだな」と感じていきました

 
 
朝清掃で生徒は心を磨いています。
綺麗な玄関が生徒やお客様を迎える貞静学園です。
 
…みんなで登山

pagetop